読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンシンゴト

2015年5月より父になりイクメン始めました。育児・iPhone・Mac・コーヒーなど何でも気になったことを調べたことを南半球の島国ニュージーランドからお届け!

配慮が足らない?森三中の大島の出産をテレビで見て思ったこと

育児のこと 考えたこと

森三中の大島が世界の果てまでイッテQで出産シーンを放送することにたいして、放送前にいろいろ問題になっていましたね。

「子どもを産みたくて産めない人への配慮が足らない」との指摘をみて、まず思ったのは「放送を見てもいない人たちがよくその番組を非難できるな」ということでした。

テレビ番組は演出次第で同じ内容の映像を感動的にもできるし、お笑いにもできます。
何も見ていない人たちが騒ぐのは、そもそも意味がわかりませんでした。Amazon.co.jpでも以前は商品発売前に商品を酷評する人たちがいて、発売前のレビューは中止になりましたね。

ところで番組を見て別に「子どもを産みたくて産めない人への配慮が足らない」とは思いませんでした。「芸人って大変だな」ということ、それとどうせ出産をテレビでやるなら情熱大陸とか、何かドキュメンタリーでやれば良かったのにと思いました。

確かに「出産をテレビでやるべきか」という意見があるのはわかります。
中には出産を神聖視していて、それをテレビで放送するのは不謹慎って思うんでしょうね。でも、今回は番組自体が世界の果てまでイッテQというバラエティーだったので、アレコレ言われがちなんですけど、内容自体はキチンとしていたし不謹慎ではなかったです。

「配慮が足らない」といっている人たちは「大家族スペシャル」を観て、「子どもが欲しいのに持てない人へ何人も子どもがいる家族を見せるのは配慮が足らない」と言うのでしょうか。

禁煙しようとしている人は、テレビで喫煙シーンがあったら「禁煙を挑戦している人に喫煙の映像を見せるなんて配慮が足らない」と言うのでしょうか。

乙武さんが面白いことをツイートしてました。

ホントそうだと思います。

でも、この「非難が殺到」は番組の宣伝じゃない?

このニュース自体、実は番組の宣伝、自作自演の炎上なんじゃないかと思っています。

今回の「非難が殺到」という記事たちは、番組が放送される2日くらい前に急に話題になり始めました。でも、番組ではその前の次回予告で大島さんの出産を放送することが伝えられていました。

つまり番組側としては多くの人に見てもらうために、自ら炎上して視聴率を稼ごうとしたのではないでしょうか。

kira-ism.com

実際ここではどのくらい騒がれているのか調べていますが、たいして騒がれていませんでした。

どうせやるならキチンとしたドキュメンタリーで

子どもの出産は親にとって、また家族や友人にとって本当に感動的です。
妊娠がわかってから、つわりや痛みと闘いながら、産み育てていくところをキチンと追って映像にしたら、それこそ大島さんが言うように「子どもが大人になったときに見れる映像」ができあがるのではないでしょうか。

と、そんなことを思った月曜日の午後でした。