読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンシンゴト

2015年5月より父になりイクメン始めました。育児・iPhone・Mac・コーヒーなど何でも気になったことを調べたことを南半球の島国ニュージーランドからお届け!

iPhone/iPadで書式をクリアしてペースト/貼り付けする簡単な方法

最近、育児のせいかじっくり座って作業をするパソコンを触る時間が減って、その分だけ布団の中や抱っこしながらなどでも使えるiPhoneを触る時間が増えている@masaosada です。

今まで考えもしなかったんですけど、Safariで読んでいた記事の一部をコピペして、Evernoteやメモにペースト(貼り付け)しようとすると、元の書式が残ってペーストされるんですね。

これってけっこうやっかいです。 特に記事のタイトルなど文字が大きかったり太字になっているものを貼り付けたくなかったり、文字の色とかも黒以外で貼り付けることに抵抗ある人いると思うんです。僕は少なくともそうです。

そこでiPhone/iPadで書式をクリアしてペーストする方法を探してみました。

ブラウザのアドレスバーを使って書式をクリアする

コピーする先がSafariやChromeなどのブラウザの場合、テキストをコピーしたあと、ブラウザのアドレスバーに1回、コピーした内容を貼り付けます。

そうするとアドレスバーには書式がない(リッチテキストに対応していない)ため、書式がクリアされます。そして改めて「全選択」します。

そのあとはEvernoteなり、メモなりに貼り付けしましょう。余計な書式は全部消えているはずです。

ブラウザのアドレスバーでなくてもOK

コピーする元がブラウザの場合は同じアプリ内でコピーと書式のクリアができてしまうので、アドレスバーを使うことをオススメします。

でももしRSSリーダーとかメールアプリがコピー元の場合は、リッチテキストに対応していないメッセージとか、リマインダーなどを使うか、Spotlightを使って書式のクリアをしてみても良いかもしれません。 場合によってはEvernoteなら、Evernoteの検索欄でもOKです。

余計なアプリを入れなくて良いし、すごくシンプルに書式のクリアができますね。お試し下さい!