カンシンゴト

2015年5月より父になりイクメン始めました。育児・iPhone・Mac・コーヒーなど何でも気になったことを調べたことを南半球の島国ニュージーランドからお届け!

iPhone&一眼カメラ&Lightroom&Dropbox&Googleフォトが最高に気持ちいい

デジカメで写真を撮り始めて15年くらい経ちます。
いや、もっとかもしれません。まぁ、でもそんなのは今回の話にあまり関係ないので掘り下げません。

とにかく昔から写真を撮っていて、ここへ来て「あ、この管理の仕方最高に気持ちいい」と思ったので、記事にしてみることにします。

僕の撮影環境&パソコン環境&これまでの管理方法

僕は主にデジタル一眼(Nikon D7000)とiPhone 6 Plusで写真を撮っています。
管理する環境はMacで、アプリはLightroomを使っています。もともとApertureを使っていたんですけど、開発が終わってしまったのと、AdobeのCreative Cloudsを使い始めてLightromに移行しました。

iPhoneで撮影した写真はDropbox経由でMacに行き、Lightroomが自動で写真を取り込んでくれます。この詳しいやり方は追々紹介するとして、このケーブルを使わずWi-Fi環境さえあれば写真を自動でMacに移してくれるのはすごく楽で良いです。

ただしデジタル一眼で撮った写真はSDカードからMac(Lightroom)に移行しても、iPhoneで見ることはできません。LightroomのiOSアプリあって、Lightroomの特定のフォルダをMacとiPhoneで同期できるんですけど、使い勝手がイマイチだったので却下しました。

つまり「iPhoneの写真はiPhone上でもMac上でも見れる」「でも、一眼の写真はMac上のみ」という環境だったんです。

それを変えてくれたのがGoogleフォトです。

写真をGoogleフォトとLightroomに集約

Googleフォトが現れて写真を取り込むときの流れが変わりました。

まず、iPhoneの写真はDropbox経由でMacに行きます。Dropbox内に取り込まれた写真はLightroomが自動で毎回決まったフォルダ(例えば"Import Photos")に写真を取り込むよう設定します。これは今までと同じです。

そして一眼の写真もiPhoneと同じフォルダに取り込みます。

この状態でGoogleフォトにはこのiPhoneとデジタル一眼の写真が取り込まれたフォルダを監視させて、写真が追加されたらGoogleフォトに自動でアップしていくようにしました。

こうするとGoogleフォトにはiPhoneの写真も一眼の写真もアップされているので、iPhoneからでも一眼の写真を見ることができます。

一眼写真の検索がGoogleフォトでしやすくなる

それとGoogleフォトの良いところは写真の探しやすさです。イメージ検索が出来るので、「食べ物」とか「満月」とか「駅」といったキーワードを入れると写真を検索できちゃうんですね。

もちろん完璧ではないんですけど、でもないより全然マシです。 あまりにもGoogleフォトの写真検索が良かったり、iPhoneでも一眼の写真を探せることにメリットを感じたので、とりあえず2012年の写真まで遡って全てGoogleフォトにアップしちゃいました。

今回は詳しい説明は書かなかったんですけど、この上の説明が写真管理のヒントになってくれれば幸いです。