カンシンゴト

2015年5月より父になりイクメン始めました。育児・iPhone・Mac・コーヒーなど何でも気になったことを調べたことを南半球の島国ニュージーランドからお届け!

Googleフォトに過去6年分の写真を全部ぶっ込んだ→過去の写真を見るの楽しすぎ

皆さんGoogleフォトって使ってますか?

僕は最近Googleフォトが楽しすぎて、とうとう過去6年分の写真を全部アップロードしてしまいました。まだ手元には5ー6年分の写真があるんですけど、全部アップロードする前に記事として皆さんにもその楽しさを紹介したいと思います。

意外と過去の写真って撮っただけで見ない

いつも思うんですけど、写真ってたくさん撮る割に過去の写真を見返すことってあまりありませんよね。 特に僕は写真の管理が苦手で。Lightroomに撮った写真を保存したあとイベントごとにフォルダ分けしたりしません。タグ付けもほとんどしていません。なので、あとから写真を探すのがすごく大変なんです。

じゃあ、なんで写真を撮ってるのか。きっと何かそれで自己満足してるんでしょうね。あとはFacebookにアップしたり、子供が生まれてからはiCloudの写真共有が容量無制限だとわかってからは子供の写真を日本の家族(海外在住なので)と共有しているくらいです。

kanshin.hatenablog.com

でも、Googleフォトを入れてから過去の写真を見るのが楽しくてしょうがないです。

場所やもので勝手にグループ分けしてくれるのは良い

写真管理ソフトで全ての写真にタグ付けするのってすごく大変ですよね。しかも「マック」「マクドナルド」とかを統一して入れないと、マックと入れたらマクドナルドの写真は出てこないし、その辺をいちいち考えるのが面倒です。

でもGoogleフォトはGPS情報はGoogleが勝手にやってくれる写真解析で場所ごとにまとめてくれたり、撮影シーンや撮影対象物ごとにまとめてくれます。

f:id:masaosadanz:20150806082045j:plain

場所ごとにまとめてくれるとあとで同じ街で撮った歴代の写真が出てきたり、「あーここ行ったなぁ」という懐かしい写真を見つけたりすることができます。

撮影シーンや撮影対象物でまとめる機能は精度がまだまだな部分もありますけど、見ていてこれも見ていて楽しいです。中には「猫」フォルダの中にうちの奥さんが寝転がっている写真があったり、「食べ物」フォルダを見て「これ美味しかったよなぁ」と余韻に浸ったり。

例えば寝転がっている奥さんを猫と認識したり、写真を勝手に認識して行ったこともないベトナムの都市のフォルダを作ったりするを修正することはまだできません。でも、Googleのことだからまずはベータ版的にリリースしてこのあとで精度を上げたり、修正機能を付けられるようになるんだと信じています。

写真管理が苦手な人ほど便利さを味わえます

とにかく「自動」なので写真をぶっ込むだけです。

自分でフォルダみたいなのも作れるので作って管理しても良いし、とにかく写真管理が苦手な人は写真をGoogleフォトにアップしておくと、今まで撮りためた写真で楽しむことができると思いますよ。

それに一眼とかデジカメの写真もGoogleフォトに入れたら、iPhoneとかアンドロイドの端末でもそれらの写真を見ることができるのはすごく便利です。

僕はこのあと残りの写真も全部アップしちゃいます!