読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンシンゴト

2015年5月より父になりイクメン始めました。育児・iPhone・Mac・コーヒーなど何でも気になったことを調べたことを南半球の島国ニュージーランドからお届け!

iPhone 6 Plusを10ヶ月使ってわかったiPhone 6の良さ

iPhone 6とiPhone 6 Plus。どっちを買おうか迷いますよね。
今日は僕がiPhone 6 Plusを10ヶ月使ったのち、iPhone 6に乗り換えた感想を紹介します。

僕の個人的な意見を先に書いちゃいます。iPhone 6最高です。きっと次にiPhone 6sとiPhone 6s Plusが出たとしてもiPhone 6sを買うと思います。買えませんけどね...。なんでかって?それは先日iPhone 6 Plusを大破させてiPhone 6を買わなきゃいけなかったからです。

まぁ、そんな話はさておき。

f:id:masaosadanz:20140910172507j:plain

iPhone 6とiPhone 6 Plusが発売になると発表になったとき、僕は迷いに迷ってAppleのサイトから寸法をゲットして段ボールでモックを作ってみました。その結果iPhone 6 Plusを買ったんです。

なぜiPhone 6 Plusを選んだのかというと

  • 何よりAppleが出した新しいサイズを使ってみたかった
    もうApple信者と言われても良いので5.5インチのiPhoneを触りたかった
  • iPhone 6 PlusがあればiPad miniは要らなくなるかも?
    当時持っていたiPad miniを売り払って、持っている端末を1本に絞れると思っていた。
  • カメラの性能が良くなるのが魅力的だった。 日々たくさん写真を撮るのでカメラの性能が上というのは惹かれるものがありますね。
  • 電池の持ちが全然良いのは嬉しい
    当時使っていたiPhone 5sは1日のあいだで昼間と夜の2回充電していた。外出中もモバイルバッテリが必須だったのを解消したかった。

こんな理由でした。結果iPhone 6 Plusを10ヶ月使った上で、iPhone 6を使ってわかったことはこんなことでした。

iPhone 6を触ったとき「ただいま」という気持ちになった

iPhone 6 Plus。デカかったです。
10ヶ月使って慣れたつもりでした。でもiPhone 6を箱から出して使い始めた瞬間「そうそう、これがiPhoneだよ」と思いました。ホント「ただいまiPhone」って感じです。

ポケットに入れたときの違和感がなくなり、片手で操作してもすっぽり手に収まる感じといい、iPhone 6 Plusでは得られなかったフィット感がiPhone 6にはあります。

フリック入力は俄然iPhone 6の方がやりやすい

iPhone 6 Plusが手元に届くまで「iPhone 6 Plusの方が大きいしフリック入力はしやすくなるはず」と勝手に思っていました。
ところがです。実際にやってみると違和感がありました。最初は「慣れないiPhoneだからかな?」と思っていたんですけど、この前iPhone 6が手元に届いて、断然フリック入力がしやすいことに気が付きました。

たぶんなんですけど、iPhone 6 Plusは大きすぎてフリック入力しにくかったんだと思います。

おかげで誤入力が一気に減り、なおかつ入力スピードもアップ(というか元に戻った?)しました。

iPhone 6 PlusはiPad miniの代わりにはならない

当たり前といえば当たり前なんですけど、iPhone 6 Plusの画面はやっぱりスマートフォンの画面の広さでした。iPad miniやiPadのようなタブレットとは違って、手書きのメモを取ったり、絵を描いたりするには画面が思いっきり小さいです。

なのでiPad miniを売り払って端末の1本かと言うのは無理がありました。
でももうiPadは売り払ってしまったので、後戻りはできません。

カメラの性能はいうほど違わない

最近のiPhoneのカメラは性能がすごく良いので、iPhone 6とiPhone 6 Plusでそんなに性能に違いはありませんでした。

確かに2つのiPhoneで同時に写真を撮っていけば違いはわかるのかもしれません。でも、それだって言われなければわからない程度の違いです。iPhone 6になって一度も「あーやっぱりiPhone 6 Plusのほうが写真キレイだなー」と思ったことはありません。

電池の持ちはiPhone 6 Plusの方が断然良い

iPhone 6 Plusは大きいだけあって電池の持ちは最高です。
10ヶ月使ったiPhone 6 Plusと新品のiPhone 6でも断然iPhone 6 Plusの方が電池は長持ちしています。

iPhoneの充電回数が増えたので、モバイルバッテリーは復活し常に充電できる状態の生活に戻りました。

結論:スマホとしてはiPhone 6が究極の大きさなのかもしれない。

iPhone 6 PlusからiPhone 6に変わって、「iPhone 6 Plusの方が良いな」と思ったのは「電池の持ち」と「Kindle読んでいるときとネットしてるときの画面の広さ」くらいです。画面の広さに至っては最初そんなことを思ったけど、今はもう慣れました。スマホですからね、しょせん。広い画面が欲しいときはパソコンでやります。

あとの操作性とか手のフィット感とかiPhone 6最高です。iPhone 5sは今うちの奥さんが使ってるんですので触る機会があるんですけど、iPhoneとしてはiPhone 5sの大きさを標準にして、大きいサイズがiPhone 6にした方が良いんじゃないかな。iPhone 6 Plusの大きさは中途半端かもしれないです。

それだったらiPad miniか、場合によってはiPadを持った方が利便性が断然あるように思えました。

とにかくiPhone 6最高です!。次にiPhone 6sと6s Plusが出て、もし買えるんだったらiPhone 6sを買うこと間違いなしです。そのくらい自分のなかでiPhone 6はヒットしました。

iPhone 6とiPhone 6 Plusのどちらを買うか迷っている人の参考になれば幸いです。