読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンシンゴト

2015年5月より父になりイクメン始めました。育児・iPhone・Mac・コーヒーなど何でも気になったことを調べたことを南半球の島国ニュージーランドからお届け!

Googleフォトの間違った「物」をリストから消す方法

iPhone/iPadのこと

Googleフォトは写真を自動で「犬 Dog」とか「食べ物 Food」とかに分けてくれます。

これが意外と良くできていて、過去に撮りためた写真の中から自分で掘り出さなくても、食べ物の写真とかペットの犬の写真をすぐに見つけることができます。

でも、「自動」というのは恐ろしいもので、間違ってしまうこともあるんですね。
以前、それで黒人がゴリラと間違えられたと話題になっていることがありました。そりゃ間違えられた方は起こるでしょ。って話です。

rocketnews24.com

さすがにそこまで酷い物はなくても、例えば「タワー Tower」の写真のなかに「鳥」が写っていたり、「猫 Cat」の中にうちの奥さんが寝転がってる写真が入っていたりします。

そんなとき、その間違った写真をリストから削除する方法を紹介します。
今回は「タワー」の中にいる鳥の写真を削除します。もちろん検索結果から外れるだけなので写真は消えません。

f:id:masaosadanz:20150822200843j:plain

画面右上の点が縦に3つ並んでいるところをクリック。

f:id:masaosadanz:20150822200955j:plain

「結果を削除」を選ぶ。

f:id:masaosadanz:20150822201016j:plain

消したい写真を選らんで、右上の「削除」を押すだけです。

検索結果の向上に繋がるのかな?

きっとGoogleのことなので、こちらがどんな写真を削除したのかチェックしてると思います。そのデータは送られて結果的に検索結果の向上に繋がるはずです。

もちろんすべてが筒抜けってちょっと怖いです。 でも、今は利便性をとってGoogleプロダクトを使っています。Gmailといいカレンダーといい、もしサービスが停止したら生活に支障を来すレベルで依存していますからね。

今後位置情報の修正とかできるようになったらいいなぁと思う今日この頃です。