読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンシンゴト

2015年5月より父になりイクメン始めました。育児・iPhone・Mac・コーヒーなど何でも気になったことを調べたことを南半球の島国ニュージーランドからお届け!

iPhone 6sとiPhone 6s Plusどっちを買うか決める前に試して欲しいこと

iPhone/iPadのこと

アップルのイベントが9月10日午前2時(日本時間)に行われるそうですね。今日のiPhoneのことを書くブログはこの話題で持ちきりです。

例年通りだとこのタイミングで新しいiPhoneが発表になって、早ければ9月末には発売されることになります。
そしてiPhoneの名称は今までのパターン通りだとiPhone 6sとiPhone 6s Plusになるはずですね。

このiPhone 6sとiPhone 6s Plus。どっちを買おうか迷っている人にiPhone 6 Plusを10ヶ月、iPhone 6を1ヶ月ちょっと使った経験から「どっちを買うか決める前に試して欲しいこと」を紹介したいと思います。

時には「大は小を兼ね」ない

僕はiPhone 6 Plusが出ると聞いたとき、迷わず「iPhone 6 Plusでしょ」と思いました。
そして購入して手元に届いてからはiPhone 5sからの画面の大きさの違いに戸惑いつつ使い続けていました。その時に「iPhone 6 Plusって嫌だなー」なんて思ったことはありませんでした。それなりに満足していたつもりでした。

ところが、そのiPhone 6 Plusが壊れて、壊してしまって泣く泣くiPhone 6を買って思ったのは、iPhone 6最高でした。

iPhone 6にしてiPhone 6 Plusから比べたら小さくなったのに困ることはまったくなかったんです。
むしろ、文字は入力しやすくなったし、持ち運びも邪魔にならないし、手にフィットする感じもすごく良いです。

ちなみに僕は身長が184cmあって手もそこそこの大きさあるので「手が小さいからiPhone 6 Plusが馴染まなかった」ということはありません。

iPhone 6 Plusで唯一良かったのはバッテリーの保ちくらいです。あとはiPhone 6と6 Plusで普段使っている上での性能的な違いはないと言っても過言ではありません。

買う前にぜひ試して欲しいこと

もし迷っている方はコレから書くことを試してみてください。そうすると疑似体験ができてどっちを買うか決められるかもしれません、

友だちが持ってたら触らせてもらう

iPhone 6+ Screen

友だちや職場の同僚が持っていたら触らせてもらいましょう。 文字を打ってみたり、写真を撮ってみたり、ポケットに入れてみたり。片手で持って親指で操作もしてみましょう。

友だちが持ってなければ販売店でできるだけ触ってみましょう。

その時に違和感があれば、それは買ったあともずっと残るかもしれません。

擬似的に大きさを体験しよう

国立商店の「タブレットとノートPCのためのビジネスブリーフ」にピッタリ。

iPhone 6 Plusは発売当初「ガーナチョコレートと同じ大きさ」と言われていました。

なのでガーナチョコレートを買って、試しにポケットに入れてみたり擬似的に操作してみても良いかもしれませんよ。

結局は好みなんですけどね

もちろんiPhone 6 Plusを買って、ずっと満足している人もいます。なので、この辺は個人的な好みなんだと思います。でも、僕個人はiPhone 6の大きさが最高とiPhone 6 Plusを10ヶ月使ったあとでわかりました。

来月の今日くらい(9月29日)頃にはiPhone 6sとかiPhone 6s Plusを手にしている人がいるかもしれません。その前に「iPhone 6sとiPhone 6s Plusのどっちを買おうかな」と迷っている人の参考になれば嬉しいです。