読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンシンゴト

2015年5月より父になりイクメン始めました。育児・iPhone・Mac・コーヒーなど何でも気になったことを調べたことを南半球の島国ニュージーランドからお届け!

コーヒー好き必見な誰でも簡単にできる「自家焙煎」のやり方

生活のこと

先日、「香りがまったく違う!コーヒーの自家焙煎に魅せられて」という記事で「自家焙煎って良いよ」という話を書きました。

kanshin.hatenablog.com

今日はその続きで、誰でも簡単にできる自家焙煎のやり方を紹介したいと思います。

もうこのやり方を覚えてから、僕たち夫婦は焙煎されているコーヒーを買うのをやめて、毎朝煎りたてのコーヒーを飲む生活を送っています。

用意するものはこちら

  • コーヒーの生豆
    コーヒーの生豆はネットで買うのが楽ちんです。コーヒー 生豆|Amazon.co.jpとかでも、1kgで900円とかで変えます。最初は安いのを買っておきましょう。失敗する可能性もゼロではないので。
  • ごま煎り器
    ごまを煎るザルのような物です。これは何が良いってフタが付いているので煎っているときコーヒー豆が飛び散りません。これもごま煎り器|Amazon.co.jpで買うことができます。だいたい1000円から2000円くらいです。
  • ガスコンロ
    家の調理器具がガスの人はそれをそのまま使えます。電気の調理台の人はお鍋とかをやる卓上コンロが必要です。卓上コンロ|Amazon.co.jpでは2,000-5,000円くらいで変えます。
  • 洗濯ネットやミカンのネット
    コーヒー豆を洗うときに使うので、目の粗さがコーヒー豆よりも小さければ何でもOKです。
  • うちわ
    うちわは最後に豆を冷ますのに使います。

煎る前の下準備「豆を洗う」

煎る前にコーヒー豆を洗うことをオススメします。
理由は2つあって、1つはゴミが入っていることがあるからです。そしてもう1つはコーヒー豆の周りに付いている薄皮「チャフ」を洗うことでできるだけ洗い流すためです。

チャフは焙煎中にどんどんコーヒー豆から剥がれてきます。するとどうなるか。
コンロの周りが大量の薄皮まみれになって後の掃除が大変です。事前に洗ってあれば、その被害は少なくなります。

洗うときは洗濯ネット(使わなくなったのでOK)かミカンのネットに入れて、コーヒー豆が出てこないようにキチンと口を閉めます。
そのあと鍋とかボウルに水を張って、その中でひたすらゴシゴシ洗います。ネットを使わなくても良いんですけど、使った方がコーヒー豆同士がこすれ合って、より効率的に豆を洗えます。

いつまで洗うのかは...適当です。どんなにがんばって洗っても100%キレイにはなりません。

時間があれば、洗い終わった豆をどこかに広げて渇くまで数時間でも1日でお放置しておきましょう。濡れたまま焙煎すると結果、その水分を飛ばす分も焙煎時間として必要になります。

焙煎を始める

焙煎機の中に100gのコーヒー豆を入れてみましょう。それより多いとけっこう大変です。 少ない分にはOKなんですけど、毎回焙煎は大変ですよね。

そしてガスコンロの火を、家庭用コンロなら中火に。卓上コンロは火の強さを見て中火から強火にします。

あとはひたすらシャカシャカ動かして炙っていきます。常に動かしてください。動きを止めたらその瞬間に焦がします。

焙煎をしているとしばらくしたら、パチパチと爆ぜる音がします。そのくらいから要注意です。止めるタイミングを見ていく必要があります。
個人的に好きな焙煎具合はその「爆ぜ」が一通り終わった頃です。

でも、深煎りが好きな人は1回目の爆ぜが終わって「2回目の爆ぜ」が始まるくらい、もしくは始まって少しするくらいまで焙煎しても良いかもしれません。逆に浅煎りが好きな人は爆ぜ始めたら、豆の色を見ながら適当なタイミングで止めましょう。

手前が少し浅煎りのコーヒー。そして奥は深煎りにしてみました。
深煎りの方は油が少し出てくるので、テカテカと光ってきます。

煎る時間は時間にして10分15分くらいです。

火から下ろした後も豆自体の熱で焙煎はドンドン進んでいきますので、うちわで扇いであげましょう。
僕は大きめのフライパンに焙煎し終わった豆をザーッと出して広げてあげてからうちわで扇いでます。鉄が冷たいのと熱伝導がいいので冷めやすいんです。

あとはお好みの方法で飲みましょう

あとは好きな飲み方を楽しんでください。 ドリップコーヒーも美味しいし、深く煎って水出しコーヒーにすると夏はアイスで冬は水出しコーヒーを温めて飲むと最高に美味しいです。

焙煎してすぐあとに飲むと、今まで自分が飲んできたコーヒーは何だったんだろう?と思うほど衝撃だと思います。
ドリップコーヒーでお湯を注いだときのコーヒー豆の膨らみもハンパないです。ちなみに膨らまない=イマイチなお豆です。

一応、一番美味しいのは翌日と言われています。風味が熟れてくるんですね。

最初は多少失敗すると思います。僕は最初、すごい浅煎りで飲んでメチャクチャマズかったり、奥さんは焦がしてしまったりしていました。
浅煎りの場合、もう一回煎れば良いので特に気にする必要はないんですけど、焦がすと煙がものすごいのと、もう復活出来ないのでゴミになってしまいます。

あ。あと忘れるところでした。けっこう煙が出ますので火災報知器に気を付けましょう。

疑問などあればコメント欄に残してもらえたら嬉しいです!ぜひ試してみてくださいね。