カンシンゴト

2015年5月より父になりイクメン始めました。育児・iPhone・Mac・コーヒーなど何でも気になったことを調べたことを南半球の島国ニュージーランドからお届け!

iOS9を入れる前にアプリの断捨離をしよう

iOS9がもうすぐリリースされますね。

iOSのアップデートの時に僕がいつもやっていることがあります。

それはアプリの断捨離です。
ストレージの容量さえあればたくさんアプリを入れておいてももちろん良いんですけどね。でも、iPhone/iPadに限らず、家財とか自分の持ち物を定期的に断捨離する方が良いのと同じで、アプリの断捨離もやった方が良いと思います。

しかもアプリの断捨離は資材の断捨離と違って消してもまた必要になればダウンロードできます。
だったら、使わない物は消してしまってスッキリさせたほうがいいですよね。

なんでアプリのアップデート前にやるの?

アップデート前にやる理由はiTunesに繋いでバックアップをしたり、万が一アップデートに失敗したときの復元をするとき、アプリが多いとその分だけバックアップやデータの復元に時間がかかるからです。

64GBや128GBのiPhoneやiPadのストレージがそれなりにデータでいっぱいになってたりするとけっこうバックアップや復元に時間かかると思います。

そんな「復元しないといけない」という非常事態で「データがいっぱいすぎて復元に時間がかかる」のは是非とも避けたくないですか?

僕は避けたいので、必ず断捨離をしてストレージをスリム化しています。

こんな基準でアプリを断捨離しています

僕は基本的に「あれ?このアプリ最後に使ったのいつだ?」と思うものはできるだけ消すようにしています。だいたい目安は半年・1年です。

ただしDropboxとかGoogle Driveといったファイル共有系、それと家のWi-Fiの設定をするAirMacなど「いざ」という時使うアプリ、旅行のときは便利だけど普段は使わないアプリも残しておいたりします。

あとはバッサバッサと捨ててしまいます。
ここ何年もそうやっていますけど、今までそれで困ったことはありません。消したアプリを再インストールすることも実はほとんどありません。結局なくても困らない物ばかりです。

アプリの断捨離には写真・ビデオも含まれる

意外とストレージを圧迫しているのが写真とビデオです。 昨日のエントリーでも書いたんですけど、16GBのiPhoneだと写真とビデオが大きな場所を占めてしまいます。でも意外と見返すことってありません。だったら、スバーッと消しちゃった方がスッキリします。

でも、消してしまって過去の写真を見れないのも困るので、今はGoogleフォトに全て写真はアップしています。

kanshin.hatenablog.com

そんなに消す意味ってあるの?

別に消さなくても良いじゃん?って思う人もいますね、きっと。

きっとそれはミニマリストな人たちが物をたくさん持たないと決めているのと同じように、また「断捨離」と称して物を整理するのと同じように、アプリも僕は昔から断捨離しているだけです。

「とにかくたくさん持つことを止める」という習慣をiPhoneの中でも実行してるわけですね。

意外とやってみるとスッキリするので、皆さんもぜひiOS9が出る前にやってみましょう!