読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンシンゴト

2015年5月より父になりイクメン始めました。育児・iPhone・Mac・コーヒーなど何でも気になったことを調べたことを南半球の島国ニュージーランドからお届け!

iOS9の時計が狂うバグはAppleとしてイケてなさすぎる件

iOS9の一部のユーザーで時計が狂うというバグが発生しています。

僕は数日前からおかしいなーと思いつつ、昨日そんな記事を読んで「ほらやっぱりね!!」と思わず強くヒザを叩いてしまいました。そしてそんなことを記事にもしてみました。

kanshin.hatenablog.com

昨日の時点で37.7秒時計は進んでいました。そして今どのくらい狂っているかチェックしたら42.3秒狂っていました。つまり1日で5秒弱進んでいることになります。

時計メーカーの顔もあるアップル

これってApple Watchを出したある意味で時計メーカーという顔を持つアップルとしてはイケてなさすぎるのではないでしょうか。今までこんなバグ聞いたことなかったのに、まさかのこのタイミングです。

やっとApple Watchが世の中に出て、時計メーカーの顔をもった矢先です。

もちろん世の中の時計の大半、主にアナログの時計はそこまでの精度は求められていないのかもしれません。
でも、世界標準時と更新して時刻合わせをしているにも関わらず、時間がズレている、しかも日々そのズレは酷くなるバグがあるって何だか微妙です。

このバグがApple Watchにあるという話は聞かないので、あくまでもバグはiPhone/iPad上での話なんですけどね。

1分ズレたら笑えなくなりそうです

日々の生活で1分1秒を競うような仕事を僕はしていません。なんだったら5分10分ズレても平気です。
でも、業務で時間をキチンと付けて作業している人や、1分単位でギリギリ電車に乗るような人には死活問題かもしれません。

僕の時計は42秒先に進んでいるので、まだ「遅れて誰かに迷惑をかける」ということはないんですけど、逆に時間が遅れて表示されている人がいたらけっこう1分くらいのズレでも笑えない状況になる人がいそうです。

アップルさん。早めに9.0.2をリリースしてください!