カンシンゴト

2015年5月より父になりイクメン始めました。育児・iPhone・Mac・コーヒーなど何でも気になったことを調べたことを南半球の島国ニュージーランドからお届け!

Facebookの次に流行るものは来る?それともスタンダードになる?

最近、フッと思ったことがあります。Facebookにもいつか終わりが来るのかな?って。

もし衰退する場合、Facebookの代わりになるものは現れるんですかね。

ちょっとそんな思ったことを書いてみます。

何気にやっぱり便利なFacebook

Facebookを通して小学校の時に転校した友だちと繋がることができたり、普段前の会社の人と今でも繋がっていられたりするのはFacebookのおかげです。TwitterとかPinterestとか、Tumblr、InstagramなどなどいろいろSNSはあるんだけど、現実社会とネットの両方で人と人を繋げてくれるSNSってFacebookくらいしかないんですよね。

もちろんTwitterとかからオフラインの人間関係が生まれることはあっても、それは主にネットで繋がっていた人たちがオフ会とかで現実に会って繋がって行くはあると思います。でも、それはまた別物です。

mixiはあった(ある?)けど、まさかFacebookが衰退するタイミングでmixiが復活は考えにくいし。それに英語圏の人との繋がりを維持するっていう意味でmixiが復活しても、ちょっと微妙です。

Google+は何だか結局鳴かず飛ばずだったし。今はなくなっていないけど今後息を吹き返すことはない、というかそもそも息をしていたのかさえ疑問なサービスだったからなぁ。。。

ネットのスタンダードになれるのか?

特別Facebookのことが好きというわけでは全然なくて、友だちの動向をお互いにシェアできるという意味でFacebookは本当に役にたってる。

今後、「メールアドレス」を1人1つ必ず持っているのと同じでFacebookは流行りとかではなくて、一種のスタンダードとしてFacebookアカウントを持っているのは当たり前の時代が来たりするんですかね。

とりあえずここ何年もFacebookはありますけど、代わりのものは台頭してきてもことごとく消えてますからね。ひとり勝ちみたいなものです。そのまま勝ち続けるのか、それとも代わりが生まれるのか、それとも勝手に衰退していくのか気になるところです。

あとは個人的にはメインでやってる2つのブログを合計でFacebook経由のアクセスは1ヶ月に12万ほどあります。それがなくなってしまうのが困るので、何とかして欲しいというのも正直なところです。