読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンシンゴト

2015年5月より父になりイクメン始めました。育児・iPhone・Mac・コーヒーなど何でも気になったことを調べたことを南半球の島国ニュージーランドからお届け!

OSX El Capitanの日本語入力を試してみた。ライブ変換は面白い!でも...

OSX El Capitan出ましたねー!

もう早速入れて今、新しくなった日本語入力を試しています。なんといっても今回の日本語入力は入力している端から変換してくれる「ライブ変換」のが目玉になってました。

どんなのか知りたい方はYoutubeで見つけた動画を見てもらうのがいいかもしれません。

www.youtube.com

すごいですよね。変換するためにおすスペースの回数が圧倒的に減ることになります。

そこでこの新しい日本語入力を使ってみていいなーと思ったことと、微妙だなーと思ったことを書き出してみました。

新しい日本語入力のいいなーと思ったところ

  • ライブ変換は新しいせいか打っていて楽しい
  • 随時変換してくれているので、誤入力があった時に早い段階で気がつくことができる

以上です(笑

新しい日本語入力の微妙だなーと思ったところ

  • ライブ変換で入力していて早い段階で誤変換があると気になって先に書き進められない
  • 入力しながら変換してくれているせいか、ブラインドタッチでガーーーッと入力していると重く感じる
  • 個人的な好みなんですけど、「半角スペースで固定」して欲しいのに設定できない。ターミナルで設定できるんですけどね。
  • 変換精度は相変わらず。

やっぱりATOKに戻ろうと思います

実は今回、OSがアップデートされるのに当たって、新しい入力システムを試してみたくて数日前からATOKを止めてOSX標準の日本語入力に切り替えていました。
でも、変換精度とか細かい気配りみたいなものはやっぱりATOKに敵わないし、ライブ入力は入力していて重く感じるので微妙だなーという感じです。