カンシンゴト

2015年5月より父になりイクメン始めました。育児・iPhone・Mac・コーヒーなど何でも気になったことを調べたことを南半球の島国ニュージーランドからお届け!

OSX El Capitanでスプリットビューにする方法&試してみた

OSX El Capitanで試してみたかったことを端から試してみてます。

最初に試したのが新しくなった日本語入力システムのライブ変換。そしてその次が今回紹介する「スプリットビュー」です。

kanshin.hatenablog.com

さてEl Capitanを入れて「よーし!ビューをスプリットしてやるぞ!」と意気込んだところ、やり方が全然わかりません。ということでやり方を調べてみました。

OSX El Capitanでスプリットビューする方法

やり方は2つあるそうです。

やり方その1

まず最初のやり方はスプリットビューしたいウィンドウを最大化していない状態で画面右上の緑のボタンを長押しします。

f:id:masaosadanz:20151001071517j:plain

すると、ウィンドウが小さくなって画面の左半分が半透明の青になっています。こっちにウィンドウを動かせば、左半分のウィンドウが確定します。そのあとで右半分に表示したいウィンドウを選びます。

やり方その2

そしてもう一個は「Mission Control」を開きます。やり方はトラックパッドで指3本、もしくは4本で上にスワイプします。

f:id:masaosadanz:20151001072334j:plain

そしてスプリットさせたいウィンドウのところにドラッグ&ドロップするだけです。個人的にはこっちの方が簡単かな?と思います。

スプリットビューは良いかも!

僕は普段ブログの記事や外部メディアのコラムを執筆するときは画面左70%くらいをブラウザに、右3割くらいをテキストエディタ、もしくはWordpressやはてなブログの編集画面にしています。

そのため、このスプリットビューはMacのツールバーも非表示になって画面がすごく広くなって快適です。2つのウィンドウの境界線を掴んで左右にずらすこともできるのでウィンドウを半分ずつにしたりするのも簡単です。

スプリットビューのためだけにEl Capitanにアップデートする価値はあるかもしれません!そのくらい良いです。