カンシンゴト

2015年5月より父になりイクメン始めました。育児・iPhone・Mac・コーヒーなど何でも気になったことを調べたことを南半球の島国ニュージーランドからお届け!

最近iPad mini 4を買いたい病に侵されています

ここ何週間かiPad mini 4を買いたくてしょうがありません。

その昔、iPad miniの初代が出た時に飛びついて買って結局ほとんど使わず、さらにiPone 6 Plusが出た時に「iPad miniは自分には要らないものだった」と奥さんに言い切って売っぱらってしまいました。

ところが、そんなことはスッカリ忘れて最近、iPad mini 4が欲しいんです。

理由の1つは生活環境が変わったから

どうして欲しいのか。1つは生活環境が変わったからです。

5月に娘が生まれて、先月くらいから床に座ってオモチャで遊ぶようになりました。
でも、座っているとまだ時々バターンと倒れてしまうんです。なので常に手が届くところに僕か奥さんは座っています。そんなときMacbook ProよりもiPad miniのほうが軽いし、小さいし、でもネットができたり、本業の執筆もできるんじゃないか?と期待しています。

このあと大きくなったらなったで、床をハイハイしまくるだろうし、床に座って同じ目線にいるほうがいいのかもしれないと思えてきました。

それともう1つは娘がもう少し大きくなったらiPad miniで遊ばせてあげられるかな?と期待しています。 知育系のアプリとかもいろいろ出てますからね。デジタルネイティブの世代としてはiPadとかタブレットを使えるのは良いことかと。

でも、本当に使うのか?

そんな理由で欲しいんですけど、本当にiPad miniを買っていろいろ使うのか正直疑問なところもあります。
今だって床に座ってMacbook Proを使いながら記事を書いていて、これでいいんじゃないの?とも思えたりするんです。

それにiPadのソフトウェアキーボードがイマイチなのも知っています。 文字を入力する場合、Mac >越えられない壁 > iPhone >> iPad > iPad mini なんですよね。だからといってワイヤレスのキーボードを買ってしまうのもいかがなものかと...。入力システムもMacのほうが断然優れてるし。

ゲームして、ネットして、あとKindleを読むくらいで終わりそう。

でも、何だか欲しい!んーーー。どーしよ。