読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンシンゴト

2015年5月より父になりイクメン始めました。育児・iPhone・Mac・コーヒーなど何でも気になったことを調べたことを南半球の島国ニュージーランドからお届け!

iPhone用メールアプリの定番が遂に決定か!?Airmailが★★★★★

iPhone/iPadのこと

過去に何度かiPhone用のメールアプリについて書いてきました。
もうMailboxというメールアプリが開発&サポート終了という衝撃的なニュースが去年の年末リリースされてから、「メールアプリ探しの長い旅」に出ています。

そんな長い旅がもしかしたら終わるかもしれない!?というアプリに出会ってしまいました。
その名も"Airmail"です。

実はこのAirmail。もともとはずいぶん前からリリースされているものすごく評判の良いMac用のメールアプリなんです。
それが遂にiPhone版をリリースしたということで、有料アプリにもかかわらずダウンロードして使ってみました。

そこで今日はそんなAirmailのレビューを書いてみたいと思います。

MailboxやOutlook、Sparkと似たUI

操作した感じは基本的にMailboxやOutlook、Sparkと凄く似ています。
複数のアカウントのInboxをまとめたり、スワイプ操作で削除やアーカイブ、スヌーズをすることができます。

さらに左右のスワイプは多くのアプリが左右1つずつの2アクションしか設定できないのに対して、Airmailは左右で4つずつの合計「8つ」もアクションを設定できます。

まぁ、現実問題4つ設定すると1つ1つの動きが微妙すぎて現実的ではありませんでした。3つが限度です。
でも左右で3つずつ6つのアクションが設定できるのは面白いですね。でも僕は2つずつしか設定していませんけど。

ロックスクリーンの通知センターでのアクションも自分で設定できます。

iPhoneのアプリだけど機能はデスクトップ並み

基本的な操作性や機能を兼ね備えつつ、他ではあまり見ない機能が充実しています。

例えばメールをPDF化したり、ラベルを付けられたり、EvernoteやGoogle Drive、Drafts 4、Omnifocus、Wunderlist、Fantasticalなど何十種類ものアプリと連携させることもできます。

正直、機能は書ききれません。

600円出しても損しません

このアプリは久しぶりに有料アプリでも買ってよかったなと思えるアプリでした。 まだバージョン1,0でここまでの完成度というのは、有料アプリならではです。無料アプリの場合ゴリゴリの荒削りでもリリースしたりしますからね。作りこみが違います。

Mailboxはシンプルですごくよくて、このAirmailは多機能なので持て余すかと思いきや、多機能を使わなければシンプルに、そして快適に使えます。

今のところ使い勝手・機能性を考えると

SPARK < Outlook < Airmailという感じです。

いやー良いアプリを見つけました。