カンシンゴト

2015年5月より父になりイクメン始めました。育児・iPhone・Mac・コーヒーなど何でも気になったことを調べたことを南半球の島国ニュージーランドからお届け!

iPhone/iPadのパスコードをシンプルかつ強固にする方法

今までずっと4桁だったパスコードがiOS9になってから6桁に変わりました。
少し手が濡れてたり汚れていてTouch IDが効かない時、この6桁って意外と打つの面倒だったりしませんか?

実はあることをすると簡単に、パスコードをもっとシンプルに、かつ強固にすることができるんです。

僕はパスコードをこれに変えてすごくよかったな~と思ったので、ここで紹介したいと思います。

何ならパスコードを1桁にすることもできる

iOS9からパスコードは初期設定で6桁です。
ところが4桁に戻すのはもちろん、数字ではなくアルファベットや数字を使ったパスコードを設定することもできるんです。しかも文字数に指定がないので、極端な話パスコードを「a」とか「b」に設定することもできます。

文字数の指定がないということは、解除しようとする側にとって組み合わせが無限大のためなかなか解除することができません。

ではどうやって設定するのかというと。

[設定]→[Touch IDとパスコード]→[パスコードを変更する]→[パスコードオプション]→[カスタムの英数字コード]

と選んでいくだけです。途中何度か現在のパスコードを聞かれるのでその都度答えていきましょう。

すると普段のパスコードを入れる画面に出てくるテンキーではなく、アルファベットのキーボードが出てきます。なんか見た目も格好良いですよね。

f:id:masaosadanz:20160313190650j:plain

iPhoneで試して良かったのでiPadでも設定

僕はよく料理中に手が濡れていたり、小麦粉が付いた状態でクックパッドのレシピを見たりするので、パスコードを使ってiPhoneやiPadのロックを解除する機会が多いです。なので、6桁から2桁(そんなこと書いていいのかな?)にして一気に楽になりました。

僕はこのアルファベットのパスコードをまずiPhoneで試してみて、すごく気に入ったのでiPadでも設定しました。

何よりも打つ文字数を減らせたことと、キーボードが出てくる辺り、見た目も格好良いのが素敵です。

皆さんも是非お試しを!