読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンシンゴト

2015年5月より父になりイクメン始めました。育児・iPhone・Mac・コーヒーなど何でも気になったことを調べたことを南半球の島国ニュージーランドからお届け!

あれ?Macの容量が少ない!そんな時に試したこと→約50GB確保に成功

普段パソコンを使っていてハードディスクの容量なんて気にすることないんですけど、何気なくチェックしてみたら5GBしか空いてなくてビックリした@masaosada です。しばらく前に見た時は40GBくらいあって、それから特に大きなデータをダウンロードした記憶もなかったので、いったいなにがハードディスクを圧迫しているのか検討も付きませんでした。

そこでいろいろ試してみました。

まずいろいろする前の状態がこちらです。といってもゴミ箱を減らしたらそれだけで9GBほど空きが増えて14GBになってしまったもののスクリーンショットです。ゴミ箱の中に意外といろいろ入ってるんですね。

f:id:masaosadanz:20160504195707j:plain

ここからあれこれして60GBほど空き容量ができました。

f:id:masaosadanz:20160504213139j:plain

何が圧迫しているかわかる無料のアプリDiskWave

1つ1つ何がディスクを圧迫しているのか調べるのはすごく大変です。
そこでオススメなのが、DiskWaveと呼ばれる無料の診断アプリです。これがあればあっという間です。

ダウンロードは以下のリンクからどうぞ。

DiskWave Homepage

このアプリを入れると、指定したドライブのなかでどのフォルダがハードディスクを圧迫しているのか一覧で表示されます。ドライブやフォルダをクリックすると、数秒時間を置いて各フォルダが占めているディスクサイズを教えてくれます。

今回、このDiskWaveでどこが容量を食っているのか調べてみたところ[Application Support]→[MobileSync]→[Backup]というところが34GBも使っていました。

他にも使っていないメールアプリのデータで3GB、他に細々と使っていないアプリを消してみました。アプリが意外とハードディスクの容量を喰うんですね。アプリ本体とそれに付随するものを考えたらバカにできません。

アプリを消すときはApp Cleanerがオススメです。ただアプリを消すだけでなくそれに付随するファイルも消してくれます。

AppCleaner

ディスク管理アプリのOnyxで余計なファイルを消す

OnyxはMacの不要なファイルを消してくれるアプリです。

www.titanium.free.fr

僕は細かいことは考えず「自動処理」という全部いい感じに掃除してくれる機能を使っています。これでもガッツリ余計なファイルを消してくれました。

たったこれだけです

たったこれだけで50GBを確保できました。
簡単操作で作業時間も10分かかりません。最近Macの容量が少なくなってきたなーと思う方は是非お試しをっ!